2017年8月30日水曜日

「アジアの優良企業50社」のランキング 中国の存在感は圧倒的!!








Forbes Japanの記事より
「アジアの優良企業50社」、6割が中国企業に 日本は3社が選出


アジアNO.1の経済大国とはどこでしょうか?

もちろん日本……ではなく中国そんなことは世界中の常識です

そうはいっても日本はまだまだアジアの経済では大きな存在、日本企業は利益率が低いだの海外と比べて資本効率が悪いだのいろいろ問題は抱えていますが優良企業もたくさんあります

しかしそれはこれまでの話で既に経済の中心は中国、そしてこれからの中心はインドになりそうだと予感させられるランキングのご紹介

フォーブスがアジア太平洋地域の上場企業の中から選ぶ2017年版「アジアの優良上場企業50社(Fab 50)」を発表、今回で13回目のリスト発表となりますが今年も躍進が目立ったのは中国企業

50社中、中国を拠点とする企業は29社と約6割を占め次いでインドの8社となりました

日本企業は3社が選ばれていますがその3社とはサイバーエージェント、Mixi、日本ペイントでした

正直このランキングの選考基準がよくわからず、年間売上高18億ドル(約1960億円)以上の域内の上場企業1694社の財務指標から選考をおこなったことしかわかりませんでした



そのためどの程度信頼できるランキングかわかりませんが

ちなみに今回のランキングは上場企業であることが選考基準にあるため中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)やドローン最大手のDJI(大疆創新科技有限公司)などは含まれていません

1位から10位までをとりあえず以下に表示します、50社までのランキングを見たい方は記事の最初のリンクから確認ください。




パット見てわかることは中国の勢いということでしょう、上位10社のうち5社が中国で香港と台湾も中国とすると8社がランクインすることになります

香港、台湾を中国とカウントすることに多少問題はあるかもしれませんが実情は中国であると考えています

中国以外のランクインはマレーシアとインド企業が一社づつという現状です

ランキングトップのAACテクノロジーズ・ホールディングス(瑞声科技控股有限公司)はスマートフォン、タブレット、ウェアラブルなどの電子音響部品などをメインで製造するメーカーのようです

少し調べて見ましたがなぜそこまでこの会社がトップ、アリババやテンセントを抑えてのトップなのかが全くわかりませんでした……

私の知識不足で申し訳ありませんがこれ以上の紹介は出来そうもありません

このランキング一つで分かることなどたかが知れているとは思いますが、間違いないことは中国企業の勢いはまだまだ強いということ

シャドーバンクや土建屋国家といった問題はあるものの経済は成長を続けている中国

この経済成長の勢いはどこまで行くのか心配ではあるものの中国の変わりはまだいない以上見守り続けるしかないのかもしれません

中国の次に来るといわれるインドですが名目GDPで見ると中国の5分の1程度と代わりになるになるのはまだまだ先の話

インドが巨大市場に成長するまで中国の勢いが何とか持ちこたえることが世界中の望みかもしれません

日本も期待されていない中でしれっと頑張ってほしいものですがどうなるでしょうか、「アジアの優良企業50社」のランキング上位を日本企業が独占なんて日が来ることをひそかに願います

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿